御社の強み 株式会社トラディション・ブルー

HOME >商品力の優位性

調査力が優れています。技術力が優れています

調査力が優れています

1.多角的な調査を行います
【戸籍調査レベル1:明治時代から江戸末期までを戸籍で調査】

すべての家系調査は、この戸籍謄本類の収集から始まります。戸籍収集の目的は次のとおりです。

  • 最も身近な家系図の作成
  • 出身地(先祖地)の特定
  • 親族関係の把握

明治時代から現在にかけての家系図は、戸籍謄本類(戸籍・除籍・改製原戸籍)の収集により可能で4~6代の正確な家系図が作成できます。 最も古い除籍簿には幕末ごろに生まれ、明治・大正時代に亡くなっている先祖の記録が記載されている場合があります。

江戸時代、庶民は往来の自由が認められておらず、最も古い除籍簿 に載っている本籍地が、先祖地である可能性が高いのです。また、昭和三十年以前の戸籍は家父長制のもとで作成されており、家長(戸主)を中心に傍系にあたる一族もすべて記載されています。これにより本家・分家の関係も把握しやすくなっています。

しかし、戸籍法では除籍簿の保存年限が150年と定められており、 年々処分されつつあります。家父長制の除籍簿が一部処分されると、 本籍地や親族関係が不明になることがあり、調査に深刻な影響を及ぼします。先祖を調べたいと思われる方は、処分される前に一日も早く除籍謄本の取得をしておく必要があります。戸籍謄本類の収集は郵送請求で出来るため、わざわざ役場まで赴く必要もありません。ただし、一部の地域では、戦災、震災、火災などの影響で除籍簿の保存年限に満たないうちに消失し、 取得できない場合があります。

この戸籍謄本及び除籍簿が無くなったとしても調査できないことはないのですが、調査に費やす時間がまるで違います。戸籍謄本で調べられるうちに調べておきましょう。もし、今すぐに家系図調査を依頼しないならば、廃棄されるまでにご自身で取得しておきましょう。


【現地調査レベル2:江戸時代は菩提寺を中心に調査】

戸籍謄本類の収集による調査を土台として現地調査を行い、出身地の本家、菩提寺を中心に墓地、位牌などを調査分析し、江戸時代までの平均 7 代以上( 200 ~ 300 年)の世系を明らかにします。 江戸時代の人々は宗門改めの実施によって、寺院に登録されるようになりました。また墓地に石塔を建て、位牌を仏壇に奉ることが一般化したのは元禄時代( 1688 ~ 1704 )頃とされています。今でも旧家に行けば、古い位牌があり、墓地には石塔が残されています。調査では主に墓石、位牌に記載された戒名(法名)、俗名、死亡年月日を謄写・分析します。これらの資料で享保( 1716 ~ 1736 )の頃まで遡ることができます。 一方、お客様の家が本家ではない場合は、その本家や墓地を訪ね、位牌、墓石から戒名、没年月日、俗名、続柄などを収集する必要があります。また旧家では系図や由緒書などの古文書を所持している可能性もあります。ただし、位牌などはその家の仏壇に置かれていることが多いため、その家の協力なしに調べることはできません。そのために事前に本家に事情を説明し、承諾を得る必要があります。通常はお客様に紹介して頂くことで解決できますが、本家と付き合いがない場合は臨機応変に対処しなければなりません。 いずれにしても、現存する位牌、墓などからこと細かく情報を収集し、可能な限りの調査を駆使して作成するのがこの現地調査レベルに及ぶ本格家系図です。

【豆知識】
江戸時代の初期、寺請制度(幕府がキリスト教を禁制として信徒に対して改宗を強制することを目的として制定された制度で「檀家制度」とも言う)の定めによって、すべての人々が寺院の檀信徒となりました。当時、寺院では宗門人別改帳(宗門改め・キリスト教徒ではないという信仰調査の際に作成した帳簿)という台帳を作り、檀信徒を管理していました。この台帳は現在の戸籍に該当するものですが、今日ではほとんどが失われ、残されているものもごくわずかです。しかし、寺院には故人の戒名を記録したものが残されています。



【現地調査レベル3:菩提寺以外の多角的調査】

「家」のルーツを本格的に調べようと思えば、菩提寺周りの調査だけでは完全ではありません。しかし、江戸時代前期より昔のことを調べるのは、専門調査員にとっても簡単なことではないのです。まずは戸籍謄本類の収集、菩提寺中心の調査をして基礎固めをするのが重要であることはもちろんのこと、これらを土台として伝承や昔の村落のことに詳しい古老を訪ねて話を聞いたり、郷土資料、家系図、由緒書きなどを丹念に探りながら作成していくことになります。そのため調査範囲も広がり、時間も労力も必要となってしまうのです。ただ、それらの調査によってわかった「氏」の成り立ちや家の由来などは、まさに後孫に伝え残す家宝となるのです。

【豆知識】
由緒書や系図などは庶民より武士の方が残されている可能性が高いのですが、庶民でも中世の豪族に連なる場合など、残されている可能性が多分にあります。 系図が発見できない場合でも、地域の歴史からその家の由緒が明らかになったり、推定できる事例が数多くあります。その由緒や調査の経緯を系図の前に前文として書き込めばかなり立派な家系図ができあがります。なお戦国時代以前の資料が現存していることは多くありません。



2. 判読力・解読力が違います

戸籍謄本はもとより、除籍簿などの古い資料には、変体仮名が多く使用されていることがあります。そうした特殊な文字を正しく判読し、解読することは豊富な経験をもってして可能とし、正しい情報収集へと結実します。 位牌や墓石は、その形状や刻まれた文字によってのみ、わかる事柄が数多くあります。特に墓石は外に置かれ続けてきたことで年月の経過とともにその劣化は非常に激しくなります。その地域で使用されていた文言や戒名などを読み取るのは大変困難ではありますが、ひとつひとう丁寧に磨き、そして彫りを一文字一文字読むことで、 戒名(法名)・没年月日・俗名・行年・施主などの 刻まれた記録が浮き上がってきます。光や水など自然をうまく利用して読み取っていくのはまさに神業です。
一方、 位牌にも戒名(法名)・没年月日・俗名・行年などが記録されています。これも丁寧にひとつずつ読み取り、確かな記録を収集します。

弊社の判読力・解読力が優れている理由のもうひとつの要因として、次の点が挙げられます。

(1) 地名辞典等を用いて、戸籍類に書かれている本籍地などの地名確認を行います。
(2) 電話帳等を用いて、戸籍類に書かれている名前の確認を行います。

戸籍謄本を始め、家系図を調べる上で重要となる調査資料は、どれも過去のもので大変古く、パソコンなどの技術が普及していなかった頃の多くの資料は、人の手によって直接書かれたものであるため、読みにくいのはもちろん、実は間違えも少なくありません。 そのため、戸籍謄本を始めとする資料すべてに対して、“疑義があるもの”“全体から見て違和感のあるもの”などについては、地名辞典や電話帳等を駆使して可能な限りの確認作業を行います。そうした他には類を見ないきめ細やかな作業を怠らないことこそが、弊社の判読力・解読力の正確さを維持し、正しい家系図を作成する大きな要因となっているのです。

技術力が優れています

1.系図には名前以外の情報を見やすくまとめて記載します
系図系図

近年、名前(俗名)のみを記載して家系図とするものも多く見受けられますが、名前の他に戒名(法名)、生没年月日、婚姻、本籍地、旧姓などを合わせて記載することで、家系図としての本当の価値が生まれます。なぜこの人は長生きをしたのか。なぜ同じ時期に多くの若い命が失われたか…。こうしたことを考え、想い、感じることが家系図の持つ最大の効用だと考えます。 弊社は、名前、戒名(法名)、生没年月日、婚姻、本籍地、旧姓などバランス良く、そして見やすく整え、質の高い家系図をご提供してます。

2.変体仮名(へんたいがな)表記での家系図作成ができます

弊社の商品力が優れている理由のもうひとつの要因としては、変体仮名での文字表記が可能なことです。変体仮名とは、ひら仮名の字体のうち、1900年(明治33年)の小学校令施行規則改正(明治33年)以前に学校教育で用いられていた字体の総称です。同改正前の時代では、変体仮名は教育も含めて日常的に使われていたため、人の名前を付けるときも、この変体仮名は当然のようにして使用されていました。 弊社の家系図はこの変体仮名での表記が可能であるため、ご先祖様の名前を忠実に再現できるのです。

い(以)
い(以)
え(江)
え(江)
お(於)
お(於)
可(か)
可(か)
き(起
き(起
こ(古)
こ(古)
し(志)
し(志)
す(春)
す(春)
た(多)
た(多)
な(奈)
な(奈)
の(能)
の(能)
は(者)
は(者)
ゆ(由)
ゆ(由)
れ(連)
れ(連)
3.存在感・高級感のある表装・書家でご提供します

上質な掛け軸、額、巻物、折本をご用意。まさにその出来は、他に類を見ない家宝に相応しい逸品となります。

上質な掛け軸、額、巻物、折本

一流の書家による真心のこもった仕上がりが見事です。家宝として受け継がれていく家系図の価値をより一層引き立てます。

一流の書家による真心にこもった仕上がり
pagetop